キーワード検索

QRcode

スマホで見る!

QRコードを読み取るとスマホでもご利用いただけます。

SIDS(乳幼児突然死症候群)について

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

SIDSは、それまで元気だった赤ちゃんが、事故や窒息ではなく、眠っている間に突然死してしまう病気です。
生後1~4か月頃が最も多く、ほとんどが1歳未満の赤ちゃんにおきています。SIDSの原因はまだよくわかっていませんが、SIDSの発生率を高める因子があることが明らかになってきました。

 

SIDSを減らすために

  • あおむけ寝で育てよう
  • 家族みんなでたばこをやめよう
  • できるだけ母乳で育てよう

「うつぶせ寝」「喫煙」「人工乳哺育」がSIDSの直接的な原因ではありませんが、これらの点に注意することで発生率を減らすことができます。また、なるべく赤ちゃんをひとりにしないようにしましょう。

関連する豆知識

子どもの事故防止

1歳から4歳までの子どもの死亡原因の第1位は「不慮の事故」で、日常生活の……続きを読む

予防接種について

予防接種とは、ワクチンを接種して、免疫(感染症に対する抵抗力)をつくるこ……続きを読む

発行媒体

上へ