キーワード検索

QRcode

スマホで見る!

QRコードを読み取るとスマホでもご利用いただけます。

歯を失う最大の原因…“歯周病”

歯周病とは

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気のことを言います。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。

歯を失う最大の原因です

統計によると、35歳以上で80%以上の人が歯周病になっているようです。
しかし、35歳になってから突然歯周病にかかるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて歯肉をじわじわと冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状があらわれる30代には、すでに歯肉炎・歯周炎になっている状態です。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気付いた時には抜くはめに…なんてこともありえる非常にコワい病気なのです。

 

 

 

 

 

日頃のケアで歯周病予防

毎日のブラッシング

毎日きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除くことが大切です。ただし、“磨いている”と“磨けている”は異なりますので、歯科医に正しいブラッシング方法を学びましょう。

 

定期検診

歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなると日常のブラッシングでは取ることができません。少なくとも半年に一度は定期検診を受け、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

 

早めの診療

歯周病は、初期のうちなら完治することができます。また、かなり悪化した場合でも、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、歯を抜かなくても済むケースが増えてきました。少しでも自覚症状があったら、痛みがなくても積極的に診察を受けましょう。

関連する豆知識

くいしばり、歯ぎしりをしていませんか?

最近来院される患者さんに肩こり、頭痛、目の奥の痛みなどを訴える方がとても……続きを読む

子どもから大人まで、歯は大切な健康のパートナー ハミガキは何のため!?

歯磨きしているのに虫歯になってしまうのはなぜ? この疑問に答えます。 ……続きを読む

歯の健康と治療について

子どもから大人まで、歯は大切な健康のパートナー。 歯周病とは ……続きを読む

歯と金属アレルギーについて

金属アレルギーとは? 金属アレルギーとは、金属が汗などの体液と触れ……続きを読む

その歯、抜かないで!これまで抜歯されていた歯を救う再生治療

抜歯を宣告されたら、ちょっと待って! 「この歯はどうしても治らない……続きを読む

発行媒体

上へ